カラダイノベーション

お問い合わせ
モバイルアイコン
気になるキーワードを選んで検索
TAGサーチ

TOP時間別コラムEVENING夜遊ぶカラオケ上手な人がやっている歌い方3選

COLUMN時間別 ~健康的な毎日を~

夜遊ぶ

夜遊ぶ

仕事のストレスは、その日のうちに。皆さんのストレス発散は何ですか?ストレス発散をしながら、ちょっとしたこと で、より心も身体も健康に。

Writer : Kei Amano

夜遊ぶ

遊び上手!?

カラオケ上手な人がやっている歌い方3選

Read:00068

以前、カラオケの健康効果や上手になるためのトレーニングなどお伝えしてきました。

今回はカラオケ上手な人がやっていること3選をお送りします。

1

ポイント①「サビ」よりも「歌い出し」で決める!

楽曲のなかでも、「サビ」は歌うととても気持ちが良いですよね。

なので、大抵の人は「サビ」は練習したり、上手に歌うことができる人も多いです。

 

しかし、カラオケ上手な人にとって、サビを上手く歌えるのは当たり前。

それよりも、歌い出しのワンフレーズを大事にできる人が、本当の意味で聴く人を「あっ」と言わせます。

歌い出しは、あなたのカラオケの第一印象。

聴く人の1番の注目を集めます。

音程・発声・リズムなど、不安定になりがちですが、ここで自信を持って歌えることができれば、周りをグッと惹きつけること間違いなしです。

2

ポイント②あまり感情を込めすぎないこと

えっ!?逆じゃないの?と思われた方もいるかもしれません。

もちろん、全く感情を込めないロボットのような歌い方が良いわけではありませんが、感情も度が過ぎると、楽曲そのものよりも、その人の感情に心動かされるという結果になります。

そうではなく、例えば、“聴く人が自然と悲しくなるような歌唱”を目指すのであれば、歌う側はむしろ一歩引いて、「語り部」として淡々と歌うほうが良いのです。

なぜなら、その分歌詞の世界観が素直に伝わり、聴く人の心に響きやすいからです。

感情とは、他人から押し付けられるものではなく、自分の内から自然と沸き起こってくるもの。

こんな歌い方ができれば、カラオケ大会で入賞!なんてことも夢じゃないかもしれません。

3

ポイント③身体をリラックス(脱力)させること

声を出しやすくする姿勢は、下半身はどっしり構えつつ、上半身は常にリラックスが基本です。

ただ、リラックスした姿勢というのは、力が抜けてだらりとした状態ではなく、緊張していない状態ということです。
体に余分な力が入っているといい声は出ませんし、だらけていても同様です。
緊張せず、だらけてもいない中間の姿勢が理想です。

立っている時の基本姿勢

まず、立っている時の基本姿勢です。

①肩幅ぐらいに足を開きます。
②背筋はまっすぐ伸ばします。
※背中を丸めてしまうとお腹が圧迫され、声が出にくくなります。
③あごは引きます。
※のどを圧迫しないよう注意してください。
④首、肩、ひじ、胸、お腹、腰、足、ひざなど、体の各部分を意識して、力を抜きます。

座っている時の基本姿勢

次は、座っている時の基本姿勢です。

①背もたれは使わずに腰かけます。
②ひざは腰の幅ぐらいに開きます。
③両足の裏に体の重さを感じるように、ぴったり床に付けます。
④坐骨に上半身をのせるように、背筋を伸ばします。
⑤肩の力を抜きます。

声を出しやすい姿勢がイメージできたでしょうか?

正しい姿勢が身に付くと、ムダな力が抜け自然な呼吸ができるようになり、いい声が出せるようになります。
日常生活のなかでも役に立つので、毎日やってみてくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでます

お風呂
就寝
起床
朝食
通勤
会話のネタ
営業
デスクワーク
夜遊ぶ
夕食
お風呂
就寝
起床
朝食
気になるキーワードTAGを選ぼう
(複数選択可能です)
close