カラダイノベーション

お問い合わせ
モバイルアイコン
気になるキーワードを選んで検索
TAGサーチ

TOP時間別コラムMORNING起床あと5分・・・が大失敗?やめられない二度寝を見直して良い睡眠習慣を

COLUMN時間別 ~健康的な毎日を~

起床

起 床

朝が苦手な人いませんか?朝が憂鬱な人いませんか?
実は、ちょっとした工夫で朝が気持ちく目覚めたり、ちょっとした工夫で朝の時間を有効活用できたりします。

Writer : Kei Amano

起床

目覚めシャキ

あと5分・・・が大失敗?やめられない二度寝を見直して良い睡眠習慣を

Read:00025

寒い季節になってくるとついついやってしまうのが二度寝。
目覚ましが鳴ったのについついあと5分・・・と布団を被ってしまって後で後悔してしまう・・・。
今回はそんな失敗を繰り返したくない方の為に寒い季節の大敵、二度寝を徹底解剖しちゃいましょう!

1

なぜ二度寝をしてしまうのか

そもそも二度寝をしてしまいがちな人は常日ごろの睡眠習慣に問題があります。

一番の原因は寝る時間が遅くて、睡眠時間が短い事。

睡眠時間が4〜5時間の方は脳が十分な睡眠を取ったと認識せず、二度寝をしてしまう事が多くなります。

2

二度寝のデメリット

二度寝をしたせいで遅刻!という事は学生さんや大きな声では言えないけれど社会人の方でもありがちな失敗ですよね。

二度寝がマイナスイメージなのはこういった失敗や、寝起きの何となく時間を無駄にしてしまったような後悔などがありますが実際はどうなのでしょう。

二度寝の一番のデメリットは体内時計が狂ってしまう事です。

たとえば休日にいつも起きている時間よりも2〜3時間、もしくはそれ以上寝てしまうという方は体内時計が遅い時間にずれ込んでしまいます。

これが月曜日の朝が憂鬱な原因の一つにもなります。

また二度寝が習慣づいている人は一度ですっきり起きる事が出来る人よりも日中ぼーっとしやすい傾向にあるようです。

3

良い二度寝もある?

しかし、二度寝全てが悪いわけではなく、良い二度寝の方法もあります。

これは起きてそのままずるずると眠るのではなく、一度起きて太陽の光を浴びてある程度活動してから、つまり午前中に仮眠を取るという方法です。

予定のない休日にはぜひ取り入れて欲しい方法ですが、これによって平日と同じ時間に起きて体内時計のリズムを守りつつ、日頃の睡眠不足を解消できます。

起床後、朝食もきちんと食べて活動し、少し眠気が出てきた11時からお昼すぎまで睡眠を取るのが理想的です。

二度寝もうまく活用すれば睡眠不足の解消に役立ちますね。

4

大事なのは睡眠時間

二度寝もうまく取り入れれば良い睡眠習慣の一つになりますが、意識するべきはやはり日頃の睡眠時間。

夜更かしはやめてしっかり睡眠時間を確保するように心がけるのが一番です。

5

布団の中でできるストレッチでスッキリお目覚め

朝なかなか起きられないという方の為に布団の中で出来る簡単なストレッチをご紹介いたします。

①布団の中で仰向けで体全体を5回伸ばす。

②うつぶせの状態から両腕を伸ばしてゆっくり上体をそらし、元に戻す、を5回繰り返す。

③起き上がって足の裏の土踏まずを親指でマッサージ(左右20回ずつ位)

大体30秒位行うことで、すっきりとした朝を迎える事ができます。

これを機に、ご自身の睡眠について見直してみてくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでます

お風呂
就寝
起床
朝食
通勤
会話のネタ
営業
デスクワーク
夜遊ぶ
夕食
お風呂
就寝
起床
朝食
気になるキーワードTAGを選ぼう
(複数選択可能です)
close